地盤調査・制震

  • スギヤマの家
  • アバンセ
  • 地盤調査・制震
  • 動的耐震診断システム
  • 新築住宅瑕疵保険
  • アフターメンテナンス

地盤調査

地盤調査のスタンダード、それが”表面波探査法”です。
これからの住宅地盤の基礎設計は、”支持力”とともに”沈下量”のデータが重要となります。 表面波探査機GO-21は、新時代に対応した”地耐力”データをご提供することができます。

(1)起振器

人工的に振動を起こします。

(2)検出器

表面波の地中伝達速度を計測します。

(3)計測・解析器

検出した数値を解析しグラフ化します。

表面波探査機GO-21システム

敷地内では5箇所の測定を行います。

建物の予定位置の4隅および真ん中に測点を設け調査します。 全面的な地盤状況を判断し、また、地盤内部の地層傾斜などを予測します。 このことで、より安全で安価な基礎設計につながっていきます。

人の勘に頼らない正確な数値。

表面波探査法は結果がすべて数値で得られます。 調査員の経験や判断に加えて、個人差のない客観的なデータが得られます。

「点」ではなく「面」で測定します。

測定するのは、検出器と検出器の間の範囲(通常50cmの円形の範囲)となります。 礫や異物による部分的な情報ではなく、平均的な地盤情報を得ることが出来ます。

パナソニック制震システム

木の家を強くするテクノストラクチャー工法に、さらなる安心を加える「制震システム」が生まれました。 建物の1階部分に制震装置を取り付けることで、地震の揺れで変形しやすかった2階の部分の揺れを抑え、家具の転倒などの不安をさらにやわらげます。
また、制震装置は、連続する余震にも何度でも安定した揺れの抑制効果を発揮します。
さらに、テクノストラクチャーの「制震システム」では、耐久性の高い部材を使用しているので、長期間、安定した性能を維持します。

制震システムの仕組み

※オプション仕様になります。